株式会社マジェスティックパートナーズ

マジェスティックパートナーズとは
HOMEマジェスティックパートナーズとは

幅広い業種・業界における独自のトップマネジメントリレーションと
確かなプロフェッショナル人材の融合、それが弊社の特徴です。

代表インタビュー ―他社とは違う当社の特徴―

貴社のサービスにはどんな特徴があるのですか?

はい。”代表挨拶”のところにもありますが、弊社はITコンサルティングと経営コンサルティングを中心としたサービスの提供を生業にしている会社です。前身であるコンサルティング会社の流れを踏襲し、IT時代に育った若いエネルギーと、これまで大企業などでトップマネジメントの重責を担ってきた百戦錬磨の経験豊かなビジネスマンの方々が、明るく楽しく集い、ビジネスを展開している会社です。

IT系のプロフェッショナルたちは、特化した独自の専門領域を持ち、後者のエグゼクティブ人材の方々は経理財務、人事・労政、総務、購買、広告宣伝、R&D、海外マーケ、新興国、物流、監査などといった専門分野を持ちながら経営者として経営全般に精通され同時に非常に強固なトップマネジメントリレーションをお持ちの方も沢山おいでです。つまりこの幅広い業種・業界における独自のトップマネジメントリレーションと確かなプロフェッショナル人材の融合、それが他社には無い弊社の特徴なのです。

どうやってそういう方々と知り合ったのですか?

そうですね、基本的にはこれまで私が15年以上のコンサルティング業界での仕事を通し、知り合った方々です。そしてその方々がお知り合いをご紹介してくださる、ご紹介の連鎖ということになります。

年齢もある程度離れた方々がまとまる秘訣は?

ええ、それは「意義」ではないかと思います。若い世代は基本的に良い意味でガツガツしている笑 ものだと思いますが、ビジネス経験豊富な方々は目先のことでは動かれません。今これに取り組む「意義」、というものに共感されない限り動かれませんね。私の役割はそれをきちんと提示し社内の心を一つにすることだと思っています。

何か貴社の信条はありますか?

そうですね、弊社というか、、、私の信条と言いますか、「できません」とは言いたくないんです笑。コンサルが長いのでコンサル魂といえば良いのか、性分というか、いつもそう思っています。出来ないことは出来ないと言うのが責任という意見もあります。一部は正しいでしょう、しかしその結論に至るまでどんな事をやったか、それ次第だとも思います。弊社の定款に無いからできませんじゃあ、ダメですよね(笑)困ったという悩みの相談に乗れないなら、コンサルなんて辞めたら?と思います。

しかし貴社でできないこともあるのでは?

ええ、勿論です。しかし幸いに弊社には仲間が沢山います。弊社だけで不可能なことは仲間のパートナー会社と組んでお客様にソリューションを提案します。弊社は大企業ではありませんが、パートナー会社は数十社に上り、コラボ体制は盤石です。各領域の専門家(企業)が集まり、小回りやスピード感をもって隙間を埋めますので、お客様に負担をかけない、不安にさせないサービスレベルを実現できます。

貴社の社員と違ってパートナー会社は企業体ですから
組む上で課題はありませんか?

ええそうです。会社と組むのは難しいのです。しかしそれは決めるべきことをきちんと事前に決めてない場合に起きる問題だと思っています。それ以上に大事なのは出会い方ですね、弊社では信頼できる仲間の企業様からのご紹介以外では取引契約はしないのです。ゆえにパートナー企業の拡大は重要事項と定義し、クライアントの拡大と同じくらい力を入れています。

貴社にはどういうタイミングで相談すればいいのですか?

困った時に、あー、そうだマジェスティックパートナーズに相談しよう、あそこなら何とかしてくるからと思ってもらえる存在になりたいと思っています。でもその答えだと抽象的過ぎますよね、もう少し例を上げてみますが、弊社の特徴は図の2つです。専門領域に特化したプロフェッショナル人材提供、パートナー企業とのコラボレーション、そしてトップマネジメントリレーションです。ITのPJで求める人材、これは弊社のメインサービスでご提供します。

次に昨今話題というか問題視されてきているシステムセキュリティや事故、その防止策ですが、これは弊社と弊社のパートナー企業の専門会社がタッグを組んで対応します。また自社商材の営業を展開されているが、なかなかクライアントのキーマンの役員レベルに会えない、そんな課題も多いと思いますが、そんな時は弊社の特徴であるトップマネジメントリレーションがお役に立てます。これは単なる紹介ではありません。弊社からも営業を出してその商材が、もっと言えばその企業がより効果的にアピールできるように営業戦略や企画のレベルまで入りご支援を致します。また弊社のプロフェッショナル人材はITだけではありません。大企業でIT、経人事・労政、総務など前述の各セクションでトップを張っておられた方々がおられます。元CIOや元総務系執行役員、元監査役などなど、その方々がクライアント側で、現場を仕切る、アドバイスをする、そんなイメージを持っていただければ幸いです。

ロゴはなかなか素敵ですね?社長が考えたのですか?

はい!と言いたいですが違います。デザイナーの方にお願いしました。でもお褒めいただき有難うございます。ところで弊社名は長いので、普段は略称を使っています。頭文字をとって「MP」。皆さんにもMPって呼んでもらえたら嬉しいですね。

最後に野望を教えてください!!

あはは、そうですね、別に野望ではないですが、若い会社なので何と言ってもまずは規模を大きくしたいですね、人材も商材も。そして当社らしさに特化させていきたいですね。よく部下に言っているんです、自社の特徴を3秒で言えない会社は何をやっているか分からないと。そういう意味でこれからは私も積極的に対外活動をしていこうと思っています。

Interviewed by M.Takagi [Office M]
代表インタビュー(MIリクルート事業の設立に関して)
代表インタビュー(IT技術者の窓口サイト立ち上げについて)
  • IT技術者の窓口
  • MIリクルート
  • WEBデータベース構築ツール Mission Infrastructure

より高く責任ある立場で自らプロジェクトを動かして行きたい方、プロフェッショナルとしてさらに磨きをかけたい方を私たちはいつでも歓迎します。

詳しい採用情報はこちら
ページの一番上へ